武道やトレーニングを教えていて、人がグッと急に伸びる瞬間があります。

「点滴 石を穿つ」と昔から言いますけど、蓄積してきた努力が器から溢れ出して、外側にその質的変化が表れる瞬間。

その変化の瞬間を見るのは、指導者として凄く大きな喜び。
今日もその瞬間を見ました。そのばに立ち会えるのは、とても幸せ。

努力の成果が見えない期間っていうのは地味で辛いけど、その時間をコツコツと諦めず努力し続けてきた人だけが味わえる喜び。

それは僕がいくら一生懸命指導したってダメだし、教わる側だけが頑張っててもダメで、両者の共同作業なんですよね~。

よく鳥のヒナが殻を割る時に、親鳥も同じタイミングで殻をつつく、と言いますけど、そんな感じなんでしょうね。

自分の修行時代私は振り返っても、色んな先生や先輩が影に日向に支えてくれていたのを思い出します。本当に感謝ですね。

世の中の事って、ほとんどの事がこんな感じの共同作業なのかもしれないなあと思います。

投稿者プロフィール

岡本マーシャルアーツアカデミー代表・空手クラス担当
東京の大手フルコンタクト空手の道場で長年修行。
空手修行の一環としてボクシングやキックボクシングも学び、プロライセンス取得・試合も経験。
道場での指導の傍ら、ボクシングトレーナー、フィジカルトレーナーとしても活動しています。
スポンサーリンク